事務職の就活にunistyleを活用すると良い5つの理由

就職活動 就職・転職活動

事務職の仕事に就きたいと考えた時、まずすべきは「情報収集」ですよね。

現代はネット社会ゆえに、比較的情報を集めやすい状況ではありますが、世界には特定のコミュニティに属さなければ手に入れられない情報も数多く存在します。

就活において最も評判が良く、必須とも言えるサービスといえば、「unistyle(ユニスタイル)」です。

これから就活を行うならば、ぜひunistyleに登録しましょう。

この記事では、そんな「事務職の就活にunistyleを活用すると良い5つの理由」について解説していきたいと思います。

unistyleの登録はこちら

「unistyle」とは?

就活サイト

unistyleは、「4万枚以上のエントリーシートと就職に関する有益な記事が読み放題の就活サイト」です。

「怪しいサイトじゃないの?」と不安になる人もいますが、信頼できる就活情報サイトなので安心して利用しましょう。

東京都新宿区に本社があるUnistyle株式会社が運営しています。

エントリーシートだけでなく、面接のポイントなども公開していたり、LINEのオープンチャットで情報の共有ができます。

企業の業種も多岐にわたります。

・総合商社

・銀行

・証券

・保険

・不動産

・自動車・機械

・素材

・食品

・エネルギー

・IT

・外資系コンサル

・消費財・化粧品

特に大手の企業が中心となっているので、「大手企業の事務職に就きたい」といった人には間違いなく参考になるはずです。

事務職の就活にunistyleを活用すると良い理由

活用ポイント

それでは、具体的なunistyleのおすすめポイントを挙げていきましょう。

数多くのエントリーシートが見れるので参考になる

エントリーシートは、企業側が独自に定めた応募用紙で、面接前に企業が知りたい項目が多数記載されています。

「たかがエントリーシート」と思ってはいけません。

甘く見て適当に作成すると、他の応募者に差をつけられ、面接まで辿り着けず落ちてしまいます。

数多くの内定者のエントリーシートを見ることで、どのような自己分析をして、どのような書き方を行っているのか参考になります。

自己流なのか内定者の書き方を参考にしているかによって、通過率も大きく変わるはずです。

勧誘がしつこいといったことがない

unistyleでは、コミュニティサイトでよくある「勧誘」もありません。

一般的なコミュニティサイトでは、「登録すると勧誘が来る」といったケースが確実に増えますよね。

そういったわずらわしさがないため、快適に活用することができるのです。

もちろんイベント自体は行っていますが、自発的に参加する学生が非常に多いので、無理な勧誘を必要としないのです。

イベントなどで企業担当者と面識が持てる

unistyleが主催するイベントでは、有名企業が数多く参加します。

積極的にそういったイベントに参加すると、企業の採用担当と顔を合わせる機会も出てきます。

例えば面接に行った際に、イベントで挨拶をした担当者が面接を行うといった可能性もあり得ます。

採用する側としても、イベントに参加してくれて顔を覚えている学生の方が、印象は確実に良いはずです。

LINEオープンチャットで疑問解決や同じ就活生の状況をチェックできる

unistyleのLINEオープンチャットでは、選考状況や同じ就活生の状況などを常にチェックすることが可能となります。

こういったチャットは荒れることもあるのですが、unistyleのLINEオープンチャットは管理人がチェックをしているので、そこまで荒れることもありません。

また、およそ30の業界別のグループに分かれているため、事務職希望の人も自身の希望する業種に絞ってチェックすることが可能なのです。

就活をしていると、「これはどうすればいいんだろう?」と疑問に思うこともありますよね。

そういった時でも、チャットで質問することで高い確率で答えが返ってきます。

学生に人気で利用者が多いからこその高い回答率となっているのです。

無料で利用できる

これほど有益なサービスとなれば、当然ながら有料となる気がしますよね。

しかし、驚くべきことにunistyleは「無料」です。

以前は有料だったのですが、2023年現在は完全無料で利用できるのです。

unistyleの登録はこちら

同級生との会話やネット検索、SNSを利用して情報収集する程度の学生は多い

スマホを持つ就活生

大学1年生~大学院生の場合は、どこかのタイミングで真剣に就職のことを考え出すはずです。

そんな時に1番多いのは、やはり「ネット検索」でしょう。

応募する企業の選定やエントリーシートの作成方法などはもちろん、インターンシップの参加、3月に会社説明会があり、プレエントリーを行い、6月頃から面接が始まるといった大まかなスケジュールなどもネットで検索すればすぐに把握することができます。

その前に、「自分にはどのような仕事が向いているのか」を明確にする必要もありますが、その際の情報収集もネットを使うことが多いと言えるでしょう。

また、TwitterやInstagram、YouTubeといったSNSを活かすこともかなり多くなっています。

各企業は、公式Twitterなどを運営していることがほとんどゆえに、そこから情報を得たりします。

そして、就活生同士の情報交換などもSNSを通じて行うケースもあります。

YouTubeでは、就職活動を上手く進めるためのノウハウ動画などを検索し、視聴します。

ネットやSNSの活用が基本となりますが、やはり「同級生や先輩」から教えてもらう生の情報もしっかりと仕入れていることでしょう。

おそらく多くの就活生は、これらの方法で大まかな情報を掴んでいるはずです。

unistyleは就活に特化した応援サイトゆえに非常に有益

就活

ネットやSNS、YouTubeなどから仕入れる情報は、意外と「浅く広く」といった内容が多かったりします。

大まかな内容を理解するのには適していますが、コアな部分までわかるかというと、そうでないケースがほとんどであると言えるでしょう。

しかし、unistyleであれば、元々有料であった専門的なハイコンテンツ情報を公開しているので、非常に有益です。

「就活」に特化している応援サイトなのですから、当然かもしれませんが、実際に利用していない学生もたくさんいるわけです。

本気で希望する大手企業で事務職として働きたいのならば、unistyleの利用は必須であると言えるでしょう。

まとめ

就活生

今回は、「事務職の就活にunistyleを活用すると良い5つの理由」について解説してきました。

大手企業の事務職として働きたい大学生はとても多いかと思います。

しかし、ご存じの通り、大手企業への就職は一筋縄にはいきません。

それゆえに、内定者のエントリーシートの閲覧や就職に関する有益な記事が読み放題のunistyleを利用すべきなのです。

  • 数多くのエントリーシートが見れるので参考になる
  • 勧誘がしつこいといったことがない
  • イベントなどで企業担当者と面識が持てる
  • LINEオープンチャットで疑問解決や同じ就活生の状況をチェックできる
  • 無料で利用できる

unistyleにはこのようなメリットがあるので、大手企業の事務職に就きたい人はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

unistyleの登録はこちら

タイトルとURLをコピーしました