大手VSスタートアップ企業における事務職の違いとは?自分に合う働き方のヒント

2つの比較 お役立ち情報

大手企業とスタートアップ企業は、企業文化や業務の特性などが異なるため、事務職の仕事内容にも大きな違いがあります。

事務職を目指したい方や現在事務職で働いている方は、企業の特性や仕事内容を比較して、自分に合った働き方を選ぶことが大切です。

本記事では、大手企業とスタートアップ企業における事務職の違いについて紹介します。

仕事内容の違い

業務内容

大手企業における事務職は、定型業務が中心であり、書類作成、データ入力、電話応対、来客対応などが主な仕事となります。

社内ルールやマニュアルが整備されているため、定められたプロセスに従って業務を行います。

大手企業では、組織が大きく複雑であるため、各部署が明確に分かれていて、事務職も部署ごとに業務が割り振られます。

業務範囲は比較的に狭く、深く専門的な知識が求められますが、専門的な業務を担当するベテラン社員が多数存在し、新人には優しい環境といえます。

一方、スタートアップ企業における事務職は、大手企業に比べて業務内容が多岐にわたります。

書類作成やデータ入力などの定型業務だけでなく、営業支援や人事労務業務など、幅広い業務を担当することがあります。

スタートアップ企業では、企業規模が小さいため、一人あたりの仕事量が多くなる傾向にあります。

また、体制が整っていないため、業務プロセスが定まっていないことが多く、自分で業務プロセスを作り上げたり、積極的に業務改善や効率化に取り組んだりする必要があります。

そのため、即戦力と柔軟性が求められ、新人にはやや厳しい環境といえます。

働き方の違い

フレックス勤務

大手企業では、定時退社が基本的な働き方となっています。繁忙期には長時間労働を余儀なくされることがあります。

一方、スタートアップ企業では、フレキシブルな働き方が認められていることが多く、テレワークやリモートワークが導入されていることが多いです。

業務内容に応じて、残業が多くなることもありますが、柔軟なシフト制度や休暇制度が整っていることがあります。

給与や待遇の違い

ワークライフバランス

大手企業は給与や待遇が安定しています。

福利厚生や教育などの社内制度も充実しており、安心感のある働きやすい環境が整っています。

一方で、ワークライフバランスが取りにくいという声があります。

スタートアップ企業は成長段階にあるため、給与や待遇が不安定になる傾向にあります。

しかし、事務職でも責任範囲が大きく、やりがいを感じるとワークライフバランスが大手企業に比べて取りやすい声があります。

求められるスキルや能力の違い

仕事術

大手企業の事務職は、より専門的なスキルや高い正確性が求められます

例えば、人事や経理などは、法律や会計に関する知識が必要です。

データ入力や文書作成などの業務に携わる場合、タイピングスピードよりも正確性が重要となり、書式やフォント、文言など細かなルールに従い、正確に作成する必要があります

そのため、大手企業では以下のようなスキルや能力が重視されます。

  • 正確性や細かなルールに従う能力
  • 専門的な知識やスキル
  • 問題解決能力
  • チームワーク
  • 社内コミュニケーション能力

スタートアップ企業の場合、業務プロセスが確立されていないため、自分で効率的な作業の仕方を模索する必要があり、柔軟性や創造性が求められます

データ入力や文書作成のような一般的な作業のほか、営業支援やマーケティングの補助、イベントの企画運営、Webサイトの更新など様々な業務に同時に携わることがあります。

そのため、多岐にわたる業務に対応するための素早い判断力やアイデアも求められます。

また、スピード感を持って業務に取り組むことも重要です。

そのため、スタートアップ企業では以下のようなスキルや能力が重視されます。

  • 柔軟性や創造性
  • スピード感
  • 問題解決能力
  • マルチタスク能力
  • 自己管理能力
  • 社内・社外コミュニケーション能力

スタートアップ企業は、チーム全体で事業を運営するため、コミュニケーション能力が非常に重要です。

特に、営業支援や顧客対応など、外部とのやりとり業務に携わる場合は、社外コミュニケーション能力も求められます。

どちらを選ぶかは自己判断

比較

大手企業とスタートアップ企業における事務職の違いについてご紹介いたしましたが、どちらが良いとは一概に言えません。

大手企業は安定感があり、長期的なキャリア形成ができますが、業務範囲は狭く、新しいことに挑戦する機会が少ないとワークライフバランスの課題があります

一方、スタートアップ企業は成長過程にあり、自分のアイデアを実現できるチャンスがありますが、安定感は少なく、残業が少ないことはない傾向があります。

やりがいを感じられる反面、労働環境が厳しいことがあります。

自分自身がどのような働き方をしたいのかを明確にし、キャリアアップに向けて継続的な学習や挑戦をする姿勢が必要です。

大手企業やスタートアップ企業の特性を理解し、自分に合った働き方を見つけましょう。

タイトルとURLをコピーしました